現代版徒然草(たぶん)

書きたい時に適当に書きます。舞台の話と舞台の話と時々日常。

一 推し

最近友達と推しの定義ってなんだろうなって話をしてたらよく分かんなくなってきたから書いとく。

 

色んな人の推し談義のブログ読んだけど結局よく分からなかった。我流の推し定義作った方が早そう←

 

そもそもオタク変遷的には嵐箱推し→山田涼介→知念侑李→千賀健永→神山智洋佐久間大介→現推しなので割とジャニオタ人生が長い。

結構細かく入れてみたけど要は踊れる人が好きだったんだね私。ちゃんと担当って呼べるくらい好きだったのは知念神山佐久間なんだけどどの人も…濃いわ…。いろんな意味で濃いわ…。

どの人も今の自分が好きな彼ではないと思ったから所謂担降りをしたわけだけど。まあ嫌いじゃないな。自担って自信を持って言えなくなったから降りたのかもしれない。

 

現推しは俳優兼声優をしてるけどまあアイドル売りがすごい。お陰でこれまで通算50枚くらいCD買った。2次元の推しの役をやってるから、そのビジュした推しとチェキ撮れるからってその1枚のチェキのために9000円とか払った。ちょっとお姉さん引きで撮りすぎてうーんってなったけど。それで「よろしくお願いします〜〜」「ありがとう〜〜」の一言二言とかでやっぱ推し最高!好き!!!ってなってるから相変わらずちょろい。むしろちょろさが増した。

 

 

 

推しの定義を書き置くつもりが推しへの熱を書いてしまった…。

私の中では応援したいと思う俳優さんは総じて推しって呼んでるけどなんとなく推しの中でもなんとな〜〜くランク分けされている。

 

推し(AAA > AA > A > B)くらい。C以降が無いのはなんか嫌だから。俳優さんへ対しての敬意というかCとかDってなんか失礼な気がするので敢えて付けてない。

ちなみにAAAが最高ランクで2018年3月7日現在現推しの1人しかいない。基本的に彼の現場は何が何でも優先する。

AA はなんか作品が好きで通ってたら気づいたら覚えてもらっていることが判明してちょっと知り合いチックな感覚の人たち。なぜかここにめっちゃいる。数えたくないけどいつか数える← 認知が全てではないけどそれだけで結構親近感湧くし演技も結構見入ったりするから大体それで好きになるパターン。

A は時間があれば行く人たち。推しと共演してたらテンションが上がる。

B はもはやお兄ちゃんお姉ちゃんとか弟みたいな感覚で見てしまう人たち。最近ご無沙汰してるけど推しAAAの現場が枯渇してたら現場行きます。しばらく行かないと思うけど。アメリカ資金貯めないとなんで←

 

こんな感じ。ちなみに前述のジャニタレ達はどこにも属しません。何故なら担当だから。

ニュアンス的な違いだけど推しとは別物だと思ってるので今のぬるぬるジャニオタしてる現場を整理する時にまた書こうかなー。

 

ということでまとまりきってないけど推し談義はひとまずここまでにしておこう。自分の身のために。笑