現代版徒然草(たぶん)

書きたい時に適当に書きます。舞台の話と舞台の話と時々日常。

一 風を切れ (いち)

大千秋楽から早何日だ?←

まだまだ興奮冷めやらぬだけど忘れないうちにつらつらする。

 

セーリングの舞台。

知らない世界と繋いでくれる舞台。

 

また新しい沼に足をつっこみそうだな、と思わずにはいられない。

 

・・・・・・・・・・・・・・感想どこから書けばいいんだ()

いやでも今回は所々フォーカスして感想書くって千秋楽公演終わった瞬間に決めたから書くのよ、ワタシ。

順番に書いていけばいいですかね、ひとまず。

 

【葵翔】山本鷹矢さん

ケータリングの会社4代目社長から転身!セーリングアイドル!!!!な葵翔。

初めは本当にチャラチャラしたキャラじゃんどうなるのって思ってたけど(失礼)、本番中盤くらいから言葉の端々にあれ?この人まさか経験者???っていうのが現れ始めて、やっぱり経験者だったーーーー!!!騙された!!!!!(騙してない)という主役その1。

まさか世界的に有名だとも、キリサメ兄とタッグ組んだことあるとも全く想像つかなかったけど、セーリングをPRするために社長辞めてまで取り組んでいる姿がかっこいいなと思いました。

レースシーンでは感覚派なのかな?直感で風を読んで波に乗ってるのかなあ。天才肌なのかな。

 

役柄の解釈とか聞いてみたかったな。

 

【アザミ】立花このみさん

主役その2、というか0ですね。アザミがいなかったら、サッカーのケータリング会社を変えてなかったら、セーリングを知ることもきっと無かっただろう今を生きる女の子っていう印象でした。いいねの数大事だよね!!!!わかる!!!!すごいわかる!!!!()

アイドル好きだからセーリングアイドル作ろうって提案するのすごいなって思ったし、「好き」が原動力でブームって作れるんだって思わせてくれた。たくさんの人の心を動かせるんだって思えた。部下にしてください!!←

 

このみさんの大千秋楽での涙を流しながらアザミを演じている姿にとてもじーんとした。本当に心からアザミを愛して、向き合ってたんだなって。

ブログも読んで、素敵な演者さんだなって思いました。また他の役も見てみたいな。

 

【カイト】阿部大輝さん

密かにツボだったスリーピングセーリング馬鹿カイト!!!!!ポンパドールが爆発的な可愛さ!!!!あと衣装がとても海にいそうな人で個人的に好きでした。

 

「ちょっと先の未来が見える」カイトは本当にちょっと先の未来を予言?してたけど、計算外の事が起きたり、精神的に揺さぶられると簡単に動揺しちゃうってイメージ。とても。かわいい。愛されるために生まれてきたキャラクター。

俺はセーリング辞めてねえ!!!!!って震えながら叫ぶシーンが1番好きだった。レースシーン遠くを見てる姿がとても格好良かったです。

 

お話ししたかったんだけど、時間切れだった_:(´ཀ`」 ∠):カイトのもっと深い部分知りたかった。

 

【タイガ】岩佐祐樹くん

こちらも感覚派天才肌ですね。腹筋がすごかった。DJもすごくチャラさが板についていた()

とってもパートナー想いで本当は優しい人なんだなって。

調べ方が悪かったみたいでワイヤーのお値段分からずじまいで申し訳ないんだけど、学生にとってワイヤーも高価なもので、でもそれをちゃんと自分たちのお金で賄うって凄いなと思った。

 

あとタイガってツンデレだよね!!他にもツンデレいるけどソフトなツンデレだよね!

 

岩佐くんと少しだけお話しさせてもらった時、どうしてもスキッパーがパドル?操作してるのがうわああぁあぁってなったの!!!!って語彙力おいって状態で言ったら、そういう細かいところ見てくれて嬉しいって言ってくれて、全ワタシが泣いた。

逆にそういう細かいところ見るの大好きなんでもっとやってください!!!!!()

 

突然話しかけたのに丁寧にお話ししてくれてとってもいい人でした。2年前?に鬼斬でお芝居観て以来だったけどやっぱり素敵な演者さん。

ちなみに鬼斬ではジャミって狼みたいなキャラクターやってたんだけど、ジャミが本当にドツボすぎてジャミ様教信者だったからジャミです〜〜って言ってくれたのも全ワタシが泣いた。ありがとう。ありがとう。

 

【ハガネ】網代将悟さん

きっとセーラーの絶対的お笑い担当鰯なハガネ!

登場シーンの腕立て伏せで船から顔を出すたびに変顔してるの面白かった!爆笑 でも筋トレしながらセリフも喋って変顔もしてって大変だったと後々思った。素敵な笑いを誘ってくれてありがとうございました。

 

タイガのことをすごく信頼していて、一瞬タイガの飼い犬かなって思ったりもしたけど()なんだかんだ対等な立場で関係性を築いているのが素敵。

 

網代さんともお話しさせてもらって。あんまり上手いこと感想お伝えできなかったのだけどまた他の作品も見たいなって思いました。

 

【ゲンパチ】南出めぐみさん

やってきました!!!みんな大好きゲンパチ姐さんの時間だよ!!!!!!!セーリングブームの仕掛け人!!!!!!!セーラーだったし!

ところであのビーサンなんて書いてあったの?未だに思い出せない。

 

ワタシとしては少しストーリーテラー的な役割も果たしてるのかなあ、なんて思ったキャラクター。セーラーのみんなの過去を知っていて、その過去をどう乗り切っていくのかも考えていて、その人に合わせて気づきの言葉だったり、現実を突きつけてみたり。2回じゃ足りないくらい見どころがたくさんあったキャラクター。

 

知らないから知れば知るほど面白い。

 

すごく大事なことを教えてもらった気がします。

 

お話しもさせてもらった。おねえちゃんに欲しいって言ったら承諾してくれたので突撃しに行こうかな(やめろ)

ゲンパチと南出さん、結構キャラクター似てる??

 

【キリサメミレイ】望月真富士くん

キリサメレイミと聞き間違えて大変申し訳ありませんでした。ミレイくん。いや、キリサメ様。

 

プライドがすごく高くて、プロ意識もすごく高くて、でもどこか年相応に葛藤している姿があって。それでも背伸びしようとしてて。

本当にセーリングが大好きで、お兄さんが大好きで、海が大好きで、好きなものが中心に世界が回ってる。そんな人かなあ。

 

手脚が長いから、レースシーンのタックするところがすごく見栄えした。その長さ少し分けて欲しいと思うくらいに。本当に綺麗だった。

 

真富士くんはちっちゃな英雄(ヒーロー)で知ったばかりだったけど、ストレートの舞台に立つ姿がとても好きだなって思った。そして仲間1にしろロベルトにしろ今回のキリサメミレイ様にしろキャラクター研究が素晴らしい。真富士くんとキリサメ様がひとつだった。2人でひとつだった(意味不明)

感想をその場で伝えることが出来なかったけど本当に素敵でした。

 

【リョウ】松井翔司くん

こちらもちっちゃな英雄(ヒーロー)で知った演者さん。

お話しした時こんなに素敵な作品に出れて、色んな人に見てもらえて本当に!!!幸せです!!!って言ってたのを聞いて、いつかもっともっと大きい舞台でお芝居してる姿を見たいなって強く思いました。

 

リョウくんの抱えてる闇が想像以上のもので頭抱えたけど、やっぱり自分セーリング好き!!!!って復活の一歩を踏み出した姿がとても印象的だった。

なんて言えばいいのかわからないけど、すごくすごくワタシもがんばろう!って思えた。うつがんばって克服するわ〜〜!的なそれだと思う。

 

 

 

 

本編の感想まだなんですけど、全文まとめて書いたら凄いことになりそうなのでひとまずこの辺で。

絶対全キャスト1人ずつ感想書くって決めたから!!!!!!この舞台は本当にみんなが主演だって思ったから!!!!!!

あと3回くらい風を切れの事書くと思いますが何卒よろしくお願いします(?)

 

シュンッ

一 書類整理って大事

後輩ちゃんと先輩くんの書類整理の下手くそさにびっくりこいてああ、だからこの人仕事で結果出てないんだって思いましたこんばんは。

 

タイトル通り、書類整理って大事ですね。

 

ワタシは文房具だいすきだから百貨店とか文房具屋さん結果ふらふら散歩してるけど整理とか苦手な人ってあまりそういうことしないのかな。

彼らは常にパチンコと合コンと未来の嫁と彼女にいかに尻に敷かれないか考えているようなのだ。そんなこと考えたことないわ(いやさすがに未来の彼氏は考えた失礼)。

 

 

 

いつも横を見ると普通のクリアファイルが平積みになってて、その上に更になにかの紙が平積みされてるので一体なんの書類の山なんだろう、コムイさん(Dグレ参照)じゃあるまいし…←

 

あまりにも何考えてるか分からないのでファイルの中身とデスクの引き出しの中を見せてもらったらだ!!!!!!

なんと引き出しの中ですらクリアファイルが平積み!!!!!!!!

道理で「この書類出して」って言ったらしばらく出てこないはずだよ!!!!!!笑

………………( ^ω^ )イラァ

 

クリアファイルの中。

なぜかレシートと内定したであろう時代の書類送付書と仕事の書類が一緒に入ってた。しかも交互に。

道理で「この書類出して」って言ったらしばらく出てこないはずだよ!!!!!!笑

………………( ^ω^ )イラァ ※コピペした

 

後輩ちゃんも先輩くんもそんな収納をされておった。そりゃワタシが分からないこと質問してもすぐ答えてくれないわけだよ。ワタシ悲しいよ????

 

 

よく頭の中とデスク、部屋の汚さは比例するって言うけど本当にその通り。

 

 

実際ワタシはうつになって断捨離はじめてからようやく気付いたんですけどね。気付けるように仕向けてくれたうつ病ありがとうそれだけは本当に感謝している。

 

 

そんなこんなの書類平積み場所で今日も明日もワタシは生きるよ。ワタシはちゃんと書類整理する!!!!!してる!!!!よ!

 

片付け術とか書いたら需要あるかなあ、そんなことを思いました。

ちゃんちゃん。

一 ブログチャレンジ

最近書きたいことたくさんあるのに記事書いてないな~と思って

パソコンいじってたら「ブログチャレンジ」なるものを見つけました。

 

はてなブログのTODOリストみたいな感じかな~っていう感想、

なんだけど、システムがちょっと面白かった。

 

達成したことにチェックをつけるとポイントが加算されるようになってるんだけど、それだけじゃなくて、ワタシのレベルもあがるの!!!

RPGの勇者みたいな感じ!!!

 

【こあさん が ブログチャレンジ を ひとつ たっせい した !】

 

 

 

・・・・・・・・みたいな。

テンションあがった。そしてレベルが上がると肩書きが変わるのだよ。

最初は「さすらいのこあさん」だったんだけど、チェックしてったら「もう怖いものはなにもないこあさん」みたいな名前になってて面白かった。

 

もっとレベルごとにどんな名前になってくのか見ておけばよかった。

しくじった!!!笑

 

チェックし始めたら空欄があるの嫌なタイプなのでブログチャレンジならぬ

「チェック項目はやく埋めよう選手権」開催するね!

参加者ワタシしかいないけど!!!(かなしい)

 

またそのうち面白い肩書きのひとになれたら報告します。

(果たして興味あるひとはいるのか)(考えたくない)

一 アイ☆チュウ・ザ・ステージ

はい!!!!!!!

円盤観てたらこんな時間になってましたこんばんは!!!!皆さんごはん食べましたか!?

私はまだ食べてません!(無駄情)

 

推しくんは卒業しちゃったんだけどもうすぐアイステライブあるじゃ〜〜ん懐古しちゃお〜〜池袋太陽さんしちゃお〜〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

って事で初演観てました。

 

もともとゲームアプリ自体もやっててそちらにも推しくんがいたので…推しくんが推しくんやってるよおおおおおぉ!!!!?!??っていう頭の混乱に乗じて大阪も池袋も何だかんだ毎日行っていた謎のフットワークを見せた現場。

プレミアム特典?で公演パンフが積み上がり無配しましたがまだ余ってるので誰か布教させろください\\٩(๑`^´๑)۶////

 

 

 

………………よし、本題。

 

ぶっちゃけアプリやってない人でも十分楽しめる作品なのでアイドルとキンブレと声出してストレス発散したい人は7月のライブ行ってみてください。おすすめです。

 

初演の話しとくと推しくんも推しくんもかわいい!!!!!!いや普段絶対こんな性格じゃないのに役の作り込み具合やばい!!!!まじでキャラ本人じゃんスマホから飛び出てきやがったスライディング土下座ーーーーーーーー!!!!!な勢いで崇拝しながら本編観てました。ていうか演者のキャラクターの作り込みは本当に凄かった。

声のトーンとか仕草とかそれぞれがそれぞれと一体化していた。しきてぃーこと山内くんの衣装捌きはお見事すぎる…あの衣装捌きを見るためだけに運命回してもらいに金払う……

 

で!!!!!!!

初演又は再演又はいずれかの円盤を観た方はご存知かと思いますが!!!!!!!

オリジナルキャラクターの個性がまたすごいことすごいこと。

カテコの時にいつも三三七拍子しちゃう田中さん愛おしかったし、もう存在がサンシャイン〜〜!でワクワク元気出ちゃうよ池袋太陽さんだし、そうだねぇ〜〜心の中に楽譜あったんだよね〜〜分かるよその気持ち!!!!!分かる!!!!なかったことにしちゃいたいよね!!!!ってなるちょっとかわいい(?)飯田橋ジェームズおさみ先生………………

個人的にはサンシャインキラキラアイドルコンテスト主催の池袋太陽さんがものすごくドツボでした。投票の黄色い札ふらふらするの超かわいい。ちょいちょいこれぼく!ぼく!ってするの超かわいい。

 

 

 

 

やっぱり舞台っていいね。

アンサンブルありきの舞台だと思うんですよね。何言ってるかわからなくなってきたね。

感想書きたい作品ありすぎて考えがまとまらないよ。

また見返したときに気づいたことは書いていこうと思う。

一 ちっちゃな英雄(ヒーロー)

自分の中でなんとなく気持ちの整理がついたので。

 

約3年間、サンリオピューロランドとフェアリーランドシアターを素敵な色に染めてくれたことに感謝を込めて。

 

 

ちっちゃな英雄(ヒーロー)という作品自体3年前なんて1ミリも知らなかったし、そもそもサンリオピューロランドに毎日通う未来なんて全くもって想像していなかった。笑

それがうつ病と診断されて、会社を2ヶ月休んで、「どうせ休むなら」とピューロランドの年パスを買い、ほんの出来心で観劇した、ただそれだけのはずだった。

…………………………はずだった。

 

元々舞台という空間が好きだったから趣味程度だけどダンスやってたし、発表会とか大会とかも出たりしてた。初めはかっこいい!だけから追っかけはじめたジャニーズも気付いたら雑誌やテレビだけじゃ満足しなくなって現場に足を運ぶようになった。

そこから多分ブラッドブラザーズ(ブラブラ)を観劇したあたりから役者そのものに興味を持つようになって、なんかよく分からないけど2次元おたくを経て最終的に若手俳優の追っかけをしてた。

 

今は推しくんに最高にモチベがあるけど、うつ病と診断された当初は死にたくて死にたくて自分の存在を抹消したくて仕方ない気持ちでいっぱいで、そのどうしようもない気持ちと向き合うのが嫌で逃げたくてたぶんピューロランドに行った。

ら、ちっちゃな英雄でなんかものすごい現実を突き付けられた。泣いた。

ちょっと前まで考えてた思考が天と地がひっくり返るぐらい(は言い過ぎだけど143度くらい)には衝撃を受けた。

たった40分で、あそこまで大切なことを詰め込んで、劇にして、形にしてくれるのは「「「若手俳優」」」。うん、若手俳優。(ここ重要)

 

ベテランの俳優さんじゃないからこそ、作品のキャラクターと俳優自身がどことなくリンクしていて、一緒に成長してる感。

 

たまらなかった。

 

辛いのは私だけじゃなかったんだって、ふと思った。

 

どうせ暇なのでその日から毎日ちっちゃな英雄を観に行った。まじで毎日行った。暇だから。

最初はただ、あ〜〜〜〜いい話〜〜〜〜〜〜で終わってたんだけど、見慣れるといろんな角度から俳優さんの表情が見たくなって、森中を駆けずり回った(ソファ以外)。

 

そうするとさ、見えるの。

それぞれのキャラクターの感情の移り変わりが、段々理解できるようになって。

でも場面場面でしか捉えられてないことにもどかしさを感じて、見るよね。1人ずつ。笑

今日はジョージ、今日はブックス…って公演毎にこのキャラクターしか追わない!って決めて観るの。面白かったなあ、このチームのブックスは大丈夫かなあって心配しながらジョージを見るときいつも踵が上がるなあ、とか、いつもロベルトってジェラルドのこと最後全然気に掛けてなかったのに遂にこのチームでモロ気に掛けてる!!!やったジェラルド報われた!!!!みたいな勝手な解釈を加えつつもし自分がハンスだったら、仲間だったら、今どんな気持ちかなって考えながら観るのが大好きだった。

 

 

大千秋楽を迎える頃には、この俳優好きだなって思える人も出来たり、絶対出来る予定のなかったお友達が出来たり、何故かミラーレス一眼買ってカメラ魔と化してたり。なんだかとても充実した期間だった。

 

あ、ちゃんと2ヶ月後には仕事復帰しました。時短で。だから出勤前に公演観てから行くとかよくやってた。

仕事頑張るエネルギーをねずみたちから貰って、その日のうちに全消費するっていうコスパを疑うようなことしてた←

 

この作品に出会わせてくれたTeam March

絶対的王子様ジョージとして私の中に君臨した月岡くん

 

お芝居の奥深さを教えてくれたTeam Rhythm

この人しかロベルトは無理じゃん!と思わせられた白石くん

 

いつもキラキラ笑顔で元気をくれたTeam Miracle

私も頑張ろう!という力をくれた真白くん

にこにこ笑顔でこころ穏やかにしてくれたよーちゃん

毎公演全力、全身全霊で臨む素晴らしさを教えてくれた真富士くん

 

いつまでも頭から離れないTeam Fantasy

ハンスの告白を聞いてからのジョージにリーダーをお願いする姿がしぬほどすきだったんだ、優

ピンチを救ってくれたシナモンくんが大好きなますもんさん

 

なんだかんだとっても楽しかったTeam Hope

ブックスにはぁ〜〜ん!って言うところがすごい好きだったの、高岡くん

プロハンスと言えばの堀越くん

 

めまぐるしかったTeam Future

ノシノシバンバン踏みしめるダンスですら愛おしいそいちゃん

キャラクターが変わってからの人の変わり様に衝撃を受けた平井さん

いつでもみんなを優しく包み込んでくれたきむけんさま

 

6チームの物語しか私は知らない。

でも、6色のちっちゃな英雄という物語を知ってる。

もっといろんな色の物語を観たかったなあ

 

人生でこんなにたくさん同じストーリーを飽きもせず見続けることが出来たことを幸せに思うし、魅せ続けてくれたキャスト、この作品に関わった全ての人を誇りに思います。

 

いままで本当にありがとう。

これからもよろしくね。

 

 

続編とかスピンオフとかラオーネ様とかまた違った形でこの作品をいつか再び観れることを願ってます。

一 障害

最近後輩ちゃんの調子が上がらない。

どうしたのかな〜〜って思って話を聞いてみたら、涙目で「会社を辞めたい」と言ってきた。

病院で適応障害って言われたみたい。

 

まさかなあ、とは思ってたけどこんなに早く言われるとは。ただものすごい後輩ちゃんの気持ちはわかるなあって思った。

 

ていうかまず適応障害ってなんなのよざっくりしすぎなのよって話なんですよねぇ。

自閉症の場合もあるしわたしみたいにうつ病な場合もあるから一括りに適応障害っていってもむつかしい。ひとついえるとするなら見た目じゃ障害かどうかなんて分からないってことくらい。

 

見た目普通な子なの。

 

なんなら出来る子って思われることもあるの。

 

わたしもできれば普通に接していたい。

 

でもね、一言「うつなんです」とか「適応障害かもしれないんです」っていうと周りの目がびっくりするくらい変わる。

まるで腫れ物を触るかのように。なんなら人外でも見たかのように。

 

そんな扱い目に見えるように変えるから症状悪化するんじゃねぇか!!!!って叫びたくなったこともあるけど言うだけ無駄なので辞めました。

 

 

そんなでっかい壁に阻まれながらわたしは電動ドリルでウィーーーーーーーーーンって壁削って穴開けようとしてます。

 

仕事とか趣味くらい好きにさせてくれ()

 

障害持ってるからって気を使わなきゃいけないとか、こいつは自分より下だとか勝手に決めつけないでほしいなって後輩ちゃんの叫びを見て思った。

 

馬鹿にしてる奴らはきっとそのうち自分がそうなるよ\\\٩(๑`^´๑)۶////どんまい\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

って感じ。おわり。

 

一 資格

仕事してるから資格くらい取っておこうかな〜〜と思って講習の申し込みをしたら無機質なテキストが6冊届いて「あぁ〜〜〜〜〜!」と声が出ました。

受けようと決めたの自分ですから頑張れ自分()

 

昔は漢検とか英検とか一生懸命勉強したな〜〜と思い返した。なんなら保育士と幼稚園教諭の免許も取った。

 

学生のうちにもっと資格取っておけばよかったなあ、ITパスポートとかFP流行ってたし:;(∩´﹏`∩);:と社会人になってつくづく思う。

友人は心理士の資格を最近受けたそうですがだめだったとか。人の心読んじゃうのスゴイ。

 

資格で思い出したのが、かの有名な堂本光一くんがなにやらしょーもない(そんなことない)資格を無駄に(おい)沢山取得していたなあというそれ。

まあでもどうせ資格取るなら愉快な資格の方が面白みあるよなあと。なにを目指してるんだって話ですけど。

一級小型船舶操縦士とか字面だけでわくわくする。カッコいい。右舷よーし!左舷よーし!とか言うんだよね!←

 

私もちょっとした手品が披露できるくらい愉快な社会人になりたいものだ。

………とりあえずテキスト音読することからはじめます()